製品情報

CFRP用ドリル(超硬カーボン用ドリル)

カーボンファイバーの需要

先端材料のひとつであるカーボンファイバー部材
航空・宇宙、自動車産業からレジャー産業に至るまで、幅広い分野で利用されています。
環境問題が大きく取り上げられ問題意識が高まっていく中で、地球規模での課題に取り組まなければならない今、この先端材料が問題解決に役立っていくものとして現在注目が高まっています。
それに伴い先端材料を加工する技術・工具に対しても高水準のものが求められるようになってきました。
そこで弊社ではCFRPに対応したドリルの製作を行っています。

求められる穴あけ

実際のところ、今でも何らかの方法で加工がされているから航空宇宙機器にしても自動車にしても製品として形になっているのです。
では、その製造過程に注目してみるとどうでしょう。
 ・使用している工具の価格はどうですか?
 ・作業工程はどうですか?
 ・穴はキレイにあいていますか?
現在いただいているお問い合わせの中で一番多いのは「バリ」の問題です。
現状は、鉄工ドリル等で穴をあける → 「バリ」取りの作業を行う というのが一般的なようですが、弊社が提案させていただくのはバリの少ない穴あけを可能にし、作業効率もアップ、コストダウンもはかれるドリル です。
みなさんが持っておられる穴あけ加工の技術に是非弊社のドリルをプラスしてみてください。

  • 超硬カーボン用ドリル 穴あけ
  • カーボンファイバー
  • 超硬カーボン用ドリル

お問い合わせ

  • CFRPドリルについてのお問い合わせ先
  • 直通TEL:0794-82-0237 / フリーFAX:0120-0794-83
  • 担当:岸本 / 森本

PAGE TOP